ぱっちり二重でバッチリ好印象|口コミで話題の整形効果

二重整形で知りたい事

行なうべきケア

人差し指を上げる

二重まぶたにする施術を終えた後も、すぐに普段通りの生活が行えるわけではありません。二重整形では、どの施術でもまぶたに負荷を掛けてしまうため、腫れや眼の充血、まぶた周辺の内出血などの症状が現れるため、こうした症状をすぐに治まらせるために、施術後は安静にして置かなければならないのです。術後に現れる腫れなどの症状が収まるまでの期間を、専門用語でダウンタイムといい、このダウンタイムが短い施術ほど、日常生活に戻りやすいというメリットが得られます。二重整形によるダウンタイムの間は、医師から処方された飲み薬や消毒方法を用いることで、痛みや腫れなどの症状を和らげることができます。気をつけなければならないのが、患部へ水が掛かることであり、水分中の菌が傷口に入り込むことで、腫れが悪化することや膿が現れてしまう事となるので、施術当日は入浴を控え、洗顔なども行なうことは避けた方がよいでしょう。また、飲酒などによって血の巡りが良くなると、出血などの問題が生じる恐れがあるので、術後の飲酒も注意点の一つとなるでしょう。

口コミで評判の整形クリニックでは、このダウンタイムによる負担を抑えるべく、さまざまな取り組みを行っています。術後にすぐ患者を帰してしまわず、院内で休憩をとらせながらクーリングを行なう整形クリニックもあり、冷却することで血の巡りを抑えられることから、手術による腫れをある程度抑えることができます。クーリングは神経の感覚を鈍らせる効果もあるため、きちんとクーリングを行なう美容整形クリニックであれば、麻酔が切れてくる施術後も強い痛みを感じる事を避けられるでしょう。院内で休むことで腫れも収まるため、帰宅する際も周囲の人から奇異の目で見られることも無いので、周りの目を気にせずに帰宅が可能となります。このほかにも、あえて施術による時間を長くとり、丁寧な施術を行なうことで腫れを抑えるクリニックや、麻酔針や埋没法に利用する針を極小のものにすることで、負担を軽減させます。ダウンタイムを短くするクリニックも存在し、口コミでもこうした独自の取り組みを行なうクリニックは高評価を得ているのです。